プロフィール

ご訪問ありがとうございます!
Hidemiです
「自分を変え、人生を豊かにするサポートをお届けします」

1995年の阪神淡路大震災後、神戸市の西区に住んでいます。最寄り駅周辺は商業施設や区の施設もありちょっぴり都会ですが、その周りは緑の多い自然豊かなところです。

在宅でPC関係の仕事をしながら子育て。後に子どもに英語講師を始めました。子どもに関わる仕事や娘たちの子育てを通して大きくなった私の願いは、これからの未来が『どの子どもにとっても生きやすく、幸せな社会』であること

英語を含め子どもの教育において、一方的な与えるだけの学びや詰め込みは適さないと考えています。大切なのは子どもの興味や得意なことを尊重し、楽しみながら学べる環境を提供すること。

大人は『子ども自身が自分で学び、人生を開くよう応援する』役割があると信じています。

そして同じ想いを持つ女性たちの幸福度を向上させることを目指しています。なぜなら子どもたちが笑っている世界を作るには、まず大人の女性たちが自分の人生を充実させて幸せでいることが大切だと思うからです。

でも女性はいろいろな役割、人生の転機があります。私自身半世紀以上生きてきて、それはそれは色々なことがありました。

嫁姑問題
家計収入激減
教室と単発バイトの掛け持ち
親の借金問題と介護
教室開校初期の保護者の理不尽な行動

などなどなど 心ザワザワすることが次々やってきました。

今なら笑い飛ばせることも、その時は心に余裕がなく、自己肯定感も低く、ただただ頑張るしかなかった。頑張ればいいと思っていました。

大なり小なり降りかかる苦難は誰にでもあるけど、コーチングで心を整える方法を知っていればもっとスムーズに気持ちを切り替えられたかもしれません。

  • ママだから、主婦だからと家族中心で自分のことは後回しにしていませんか
  • やりたくても自分に十分な収入かないからと自分に制限をかけることが当たり前になっていませんか
  • 英語の先生を始めたものの、次々悩みや相談事が増えるのに孤独を感じていませんか

子どものために頑張る、それは素晴らしいこと。でもまず自分が先に幸せになっていい。自分が幸せな気持ちにならないと大切な人たちを応援、幸せにはできません

コーチングや脳科学を学んでからは、その学びを活かし、同じように頑張り過ぎてしまう女性をサポートしたいと思うようになりました。

  • 本当は何をしたいのか自分のことが分からない
  • 夢はあっても現実を見ると前に進めない
  • 自分らしさを発揮したいけれども周囲の目を気にして動けない

そう感じている女性をライフコーチとして、長年携わってきた子ども英語講師の経験や、好きが高じて勉強した食の知識なども活かし、心と体の両面からあなたの幸福度を上げるサポートを行っています。

仕事とプライベートのバランスを取り、自分時間も経済力も健康も確保してまず、あなたが満たされてくださいあなたの笑顔が子どもにも連鎖することを願っています

1965年生まれ いて座 O型
大阪府生まれ 神戸市在住

外国語大学卒業後、ホテルに就職フロント勤務。
結婚・子育て中は在宅でIT関係の仕事を10年。

NZに母娘で3ヶ月滞在したことがきっかけで英語熱再燃。
子ども英語教室を自宅にて開校。
英語指導の幅を広げるため
英語コーチ/ライフコーチ養成講座を受講後、
もっと幸せな女性を増やしたいと思うようになり
ライフコーチとしても活躍。

食の栄養・安心な食材に興味があり、
体だけでなく心を整えるのも
食べ物の影響は大きい。

学習も仕事も健康という土台があってこそ、
という想いで食育活動も徐々に広げている。

グローバルライフコーチ®廣澤 秀美

【コーチング関連】
Global Language and Life Coach School認定
 上級グローバルライフコーチ®/英語コーチ
Points Of You®認定 Explorer

【英語関連】
スマイル英語教室主宰 英語講師
セルム児童英語研究会会員
 BBカード 上級講座(旧Core Course) 修了
 BBカード Grammar Cards講座 修了
Jolly Phonics Comprehensive Training 修了
Jolly Phonics Grammar1 Training 修了
TAGAKI講座 修了
J-SHINE小学校英語指導者資格
英検準1級
英文タイピスト資格1級

【食育・健康関連】
日本オリーブオイルソムリエ協会認定
 オリーブオイルソムリエ®
一般社団法人鉄ミネラル® 
 鉄ミネラルアドバイザー
日本ニュートリション協会
 サプリメントアドバイザー

【好きなこと】
お菓子作り、オリーブオイル、ホームパーティ、野菜栽培、英語、スペイン語、旅行、着物、楽器

<子ども時代>
  • 資格や能力を身に付けても女性はそれ活かさず男性に食べさせてもらうのが幸せであり、女性は家事子育てに専念するものだ、という古い考えの親の元で育つ。
  • 大学に入るまでは親の期待やプレッシャー、実は対人が苦手で生き辛さを感じていた。
  • 海外や英語に興味を持ち、親の希望に背いて外国語大学に入学。
<就職・結婚>22-24歳
  • ホテルに就職。華やかに見える裏側の部分を見て組織の中で働くことが苦痛になる。結婚が決まると迷わず退職。建前上では結婚準備の寿退社ではあったけど、仕事を続ける勇気も、夢だった海外に出る勇気もなく結婚に逃げたのが事実。
  • 結婚式直前に義父他界。結婚後は専業主婦になり義母、義妹と同居生活始まる。長男の夫の親と同居するのが当然と考えていた。
<同居・長女出産>24-27歳
  • 長女出産。結局親の影響は大きく、女性は家事子育てに専念。それを実践することになる。
  • 良い妻、良い嫁、良い母でなくてはいけないという想いと、姑との考えの違いにストレスが積み重なる。
  • 姑に気を使いながら家事子育てだけの生活が辛く、それらをおろそかにしないことを条件に在宅ワークを開始したものの、娘を連れて別居を考え始める。
<別居・次女出産・転居>28-29歳
  • 幸か不幸か、義親の事業の借金返済で家を売却することになり、私たち家族と義母・義妹とは別々に住むことになる。核家族になれて気持ちは楽になる。
  • 次女出産。在宅ワーク続ける。
震災・転居>30-31歳
  • 阪神淡路大震災。
  • 住んでいたボロ団地は建て替えることとなり家探し。予算オーバーの多額なローンを抱えて、子育て環境を優先した現在の家を購入。
<在宅ワークと子育て>32-36歳
  • 在宅PCの仕事は収入が保証されるわけではない。締め切りに追われて夜中に仕事することも多いが、自由な時間に働けるわけでもなく、忙しい時は子どもに構ってあげられないことに罪悪感。
  • 将来的にはこの生活を変えたい、海外で生活という夢を思い出し、子どもが小学生のうちに数か月海外に滞在することを考え始める。
<NZ・英語教室開校>36-37歳
  • NZへ親子で滞在するという夢がとんとん拍子に現実化。周りの冷たい反応もあったけど、最終的に夫の理解も得られて娘二人連れてNZで3ヶ月の生活を経験。
  • 私は10年間封印していた英語熱再燃、学び直すきっかけに。子どもたちは全く知らなかった英語の世界に触れることになる。
  • 帰国後、NZ滞在費借金返済のために派遣で働きながら、英語に興味を持った娘たちのために英語教室を開く決心をする。
<貧乏生活加速>37-43歳
  • 昼間は派遣や単発の仕事、夕方は教室。贅沢しなければ生活できると思っていたのに夫の給料が大幅ダウン。
  • 軌道に乗らない教室を細々している場合ではなく、英語やPC技術を活かしてフルタイムの仕事を探すべきだと分かっていても勇気がない。
  • 母親は子どもが家に帰る時には家に居るもの。おやつも食事も手作りが基本。親から受け継いだ古い考えから抜け出せない。
  • 常に単発バイト探し。体が空いている時は働く。土日、ゴールデンウイーク、年末年始。いろいろな仕事を経験。隙間時間はもちろん、睡眠時間を削ってでも家事はこなす。それしか思いつかず。
<副業でなく複業>43-55歳
  • 単発の仕事を探すのは不安定過ぎるために安定収入確保としてパートに付く。平日はパートと英語教室、日曜は派遣。複数の仕事は当たり前。
  • 教室はいつまでも細々。自宅のリビング利用なので教室を大きくすることを考えない、夫の扶養外で働いてはいけない、という心のブロックを持ち続ける。
  • 食習慣、食の安心安全に関する勉強を始める。
<コーチングに出会う>55歳~
  • 大人英語に生かそうと英語コーチングを学んだことでライフコーチングに出会い、自分の人生を大きく振り返るきっかけになる。
  • 女性だから、母だから、妻だから。やらないといけないこと、やってはいけないこと。自分に制限をかけることを手放して自分らしく生きたほうが幸せを掴めることを知る。

このサイト作りや食の活動を始めたきっかけなどは、こちらをお読みください。より私のことを知っていただけると思います。