2021年度産 オリーブオイル ノヴェッロ予約

エキストラバージンオリーブオイル2021年度産ノヴェッロ(搾りたてオイル)の予約が始まっています。今年もお取りまとめさせていただきます。

毎日使う油だから、安心で美味しいオリーブオイルを手に取ってもらいたい。その中でも一年に一度しか味わえない特別な搾りたてオリーブオイルです。

目次

イタリア産 ロルイ

・イタリア・シチリア島のピニャターロ農園
・日本到着11月初旬。お届け11月中旬前後の予定
・2種類 3サイズ 
・9月30日15時申し込みまで割引価格

トンダイブレア種
トマトやりんごの香り、みずみずしいオリーブオイルの果実感を楽しめるタイプの1番人気の品種。フレッシュな味わいとペッパーのようなキレのある味わいがあります。

ノッチェラーラ・デル・エトネア種
青いトマトやハーブや緑茶の香りとわさび菜や緑茶の苦み・渋みの後に、ネギ・生姜・山椒のような辛味がジワジワとひろがり余韻が続く複雑性抜群のノヴェッロになりやすい傾向があります。

どちらも共通


サイズ
先行予約価格(税込)
(9/30まで)
通常価格(税込)
(10/1以降)
100ml1700円1900円
250ml2500円2800円
500ml4000円4500円
※販売元さんには3リットル業務用もあります。

生産者さんのこと

2000本以上を有するオリーブの樹を家族経営のピニャターロ農園が有機栽培しています。6~7月に虫から実を守るため、ハニートラップという仕掛けを数か所穴の開いたペットボトルに蜂蜜をいれ、虫を誘惑し、オリーブの実から守っています。有機栽培で虫から守る手段のひとつです。
7月~8月はピニャターロ農園では日本の夏同様、厳しい暑さに見舞われます。2021年夏は40℃を越える日が少なくありません。雨が降らない季節なので、水をオリーブの樹木に1日中与え続ける機会を月に2回、合計4回設け、9月末のオリーブの収穫を待ちます。(販売元 油屋マルキチさんHPより)

スペイン産 メルガレホ

・スペイン ハエン県
・日本到着11月末頃。お届け12月初旬予定
・3種類  250mlサイズのみ
・9月25日(土)注文締切 完全予約のみ

ピクアル種
スペインで最も栽培されている品種。
濃い緑の香りと優しい甘み、心地よい辛味が特徴。

アルベキーナ種
スペイン北部が原産のオリーブの品種
杏仁やリンゴのような柔らかな香りと味わいが特徴。

オヒブランカ種
スペイン南部を中心に栽培されているオリーブの品種。爽やかな緑の上品な辛み、渋みが特徴。

品 種価格(税込)
ピクアル種3024円
アルベキーナ種2700円
オヒブランカ種2700円

生産者さんより

今年の夏は暑すぎず、過ごしやすい気温だったけど、ここ一週間はかなり気温が上がって暑かったです。オリーブの実は、この8月後半くらいから収獲までがオリーブオイルの品質を左右する”勝負”の時期。
これまでタネを形成するためにエネルギーを使っていたけど、この時期からは果肉の部分を作り、オイルを溜めこむ準備をし始めるとても大切な時期です。だから僕たちは、ちょくちょく畑に様子を見に行って、オリーブの調子をチェック。
昨日と今日も畑へ様子を見に行ってきました。雨が降らなくって、気温が高い日が続けば、水やりをして、オリーブの木を助ける。そうやって収穫の日に備えています。(販売元 オリーバルさんのFBより)

お知らせとお願い

※お取りまとめの都合上、販売元さん締切の前日までにお知らせください。
 イタリア産は9/29、スペイン産は9/24まで。

※受け渡し方法
  ・自宅に取に来ていただく
  ・配達する(可能日時・場所がかなり限られます)
 ・コロナ蔓延以降、発送もお受けさせていただいています。送料実費をいただきます。

※ギフト包装はできません。
 また、発送は使いまわしの段ボール箱などを利用します。ご了承ください。


※販売元さんから直接購入希望の方はこちら
 イタリア産 ロルイ→油屋マルキチさん
 スペイン産 メルガレホ→オリーバルさん

目次
閉じる