英語を習うならネイティブか日本人の先生か。英語講師の立場から答えます

ネイティブ神話、根強いですよね。英語習うならネイティブの先生でないと!よく聞く言葉です。ほんとにそう思います?

☆------☆------☆------☆

グローバルライフコーチ® 廣澤秀美です。
英語の先生の心を軽くして先生自身の強みを引き出すサポートをしています。

目次

ネイティブ講師がお勧めな理由

以前、私が英語を教えているとは知らずに、私がいるところで

英語習わすなら絶対ネイティブの先生よ!

と話すママがいました(^^;) そのママは何を基準にしてネイティブのがいいのでしょうね。

また、別の時には私が英語を教えている知って、だからこそなのか、こう聞かれたことがありました。

子どもに英語を習わせるならネイティブと 日本人とどちらの先生がいいのでしょう。

それ、私に聞く???(笑)
私の答えは、、、YESの時もあれば、NOの時もあります。

保護者の考えや想い、お子さんの特性などからメリットもデメリットもあること、それはどういうことかをお伝えするしかありません。

子どもが小さいのであれば純粋に英語の音をキャッチできるので、ネイティブの先生の発音をたくさん聞かせてあげることで確かにリスニング力や発音が抜群に良くなります。

真似をするのが上手な年代。たくさん本物の英語を聞かせるといいですよね。

英語にはいくつもある a の音や、日本人が苦手といわれている l とr の音も苦労せず聞き分けられます。リスニング力や発音を重視するならネイティブ講師をお勧め

でも聞かせてあげるだけなら、今はネット上に動画が溢れています。

楽しかった、その先を引き出すのが日本人英語の先生

結局は、自分の言いたいことがなかったり、あってもその意見を発信することができなければ、いくらリスニングができて綺麗な発音で話せても意味がありません。

ネイティブの先生に数年習ったあと、高学年で私の教室に移ってきた生徒たちもいます。

『最初は楽しかったけど英語しか話してくれなくて、分からないことはいつまでも分からないまま。しかも同じようなことばかりで進歩がない。』 というのが主な理由です。

思考力が育ち理性が勝つお年頃になるとネイティブ講師が必ずしもいいとは思いません。日本人の英語の先生のほうが良い場合が多々あります。

分からないことがストレスになったり、頭で考えたことを言葉にしたいけど躊躇しているなら、それを発信していいよ、と生徒の気持ちを汲んであげなければいけないですよね。

英語学習は単語や構文を覚えてただ言わせて終わり、でなく、だからどうなの?なぜそう思うの?を考えさせたり、考えたことを言葉をにすることも大切だと私は思っています。

それは英語ではまだまだ難しい。だから日本人の先生が引き出してあげる必要があります

年齢の低い子どもにも、声掛けして考える癖をつける。それが思考力を育てることにも繋がります。そして話しても良いという雰囲気作りが大切だと思うのです。まずは日本語でいいから考える力を付ける。

私たち英語講師はそこまで考えて子どもたちと関わっているのではないでしょうか?

子どもたち、安心し過ぎて話が止まらなくなりますけど、、。一瞬の隙を見てレッスンに戻します(笑)

ネイティブ講師を雇ってレッスンをほとんど任せているあるお教室の先生が、「〇〇先生(その日本人先生)はいつ教えてくれるんですか」と保護者から聞かれることがあると言ってました。

最終的に選ぶのは保護者。こちらの考えとママとの考えが違うこともあります。自分の教室は何が特徴か、どんな先生がどんなことを考えて指導しているかをお伝えして、納得して入会してくださるほうが、後が楽です。


子ども英語の先生向けメルマガ

子ども英語の先生へ役立つ情報、講座お知らせなどを不定期メルマガ配信しています。

また登録くださった感謝の気持ちを込めて
プレゼントを二つご用意しています 。
・特別無料動画
・アクティビティ集

目次