英語教室を開くならフランチャイズがいい?それとも個人教室?

英語教室を開こうと思った時、フランチャイズに加盟するか、個人で頑張るかを最初に考えることかもしれません。私は最初はフランチャイズから始め、後に独立して自分の教室をスタートさせました。私の経験と感じたことをお伝えします。

目次

英語教室開業!フランチャイズにする?個人教室にする?

フランチャイズに加盟するか、自分で教材を探して個人教室を開業するか。結論からいうと、どちらのほうがいいかは一概に言えません。

どちらであってもあなた自身が自分に合う教材に出会って、先生であるあなたも通ってくれる生徒さんも両方がレッスンを楽しんでいる姿を想像できるかな、、だと思います。

私は
英語サークル
 ↓
フランチャイズ
 ↓
個人教室として独立 

という経験があります。

またフランチャイズに所属している間に大手スクールで教えたり、ネイティブ講師のアシスタントもしました。経緯を順にお伝えしますので何かヒントにしてもらえればと思います。

<英語サークル>

娘の友達や近所の子ども数人、月2回くらいのペースでスタート。
他に派遣で仕事をしていたので、サークル日は土曜日。参加は自由。

毎回テーマを決めてのレッスン。子ども英語の情報雑誌を買って指導案を参考にしました。お金をかけたくないので雑誌についている付録を使用したり、身近なものを使って教材は手作り。

だんだん毎回テーマを探しての準備が大変になり、考えたことは、

カリキュラムがある方が準備が楽になるのでは?

サークル生や我が子たちにとっても、その場しのぎのレッスンより、コースブックでしっかり学んだほうが良いのでは?

サークルではなく教室開業することを考え始め、派遣の仕事をいつか辞めることも視野にいれました。

コースブックがある教室探しを始める

<フランチャイズ教室>

フランチャイズの英語教室といってもロイヤリティ、契約条件などかなり違います。もしフランチャイズ加盟を考えるなら、安易に選ばず、あなたがどこに惹かれるかをよく考えてから決めることをお勧めします。

最低でも以下の点はチェックしてください。

  • ロイヤリティがあるか、高いか低いか
  • 研修か有るか無いか、それは有料か無料か
  • 集客のお手伝いをしてくれるか、それは有料か無料か
  • 教材使用の縛り(他の教材を採り入れてよいか)
  • 先生へのフォローが手厚いか
  • 生徒の入会退会手続きしやすいか
  • 独立するときにそれが容易かどうか

フランチャイズから独立しやすいか、しっかり契約時にチェックして!

Hidemi

これ↑は加盟する前に要チェックです!
やめて2年間は自分の英語教室を開業できない契約があることを知らず、困っている先生を何人も知っています。私も知らなかったのですが(^^;)

私はまず情報を集めて検討しあと数社に絞り説明会に参加して、某社を選びました。その理由です。

  • メインのコースブックさえ使えば、他の教材を採り入れたり自由にレッスンができる
  • ロイヤリティが少ない
  • それまでやっていたサークルの既存生徒は無理にクラスに入れなくてもよくて、教室生徒を新規募集すればよい。(他のフランチャイズはサークル活動は禁止、全て教室生徒にするのが条件)
  • レッスン料金は規定の範囲内で自分で決められる
  • 児童英語の歴史が古く、教材に定評がある
  • 本部ホームページに先生紹介ページがある

要するにフランチャイズとはいえ、かなり自由だと感じて決めました。

ただ開校時に先生が負担する教材費は高く、本部のホームページに教室紹介してくれるとはいえ、ちらし代金、広告費用は自分持ち、など集客は全て自分でする必要がありました。実際それをペイできるまで時間がかかってしまいました。

自由なほうだったけど、それさえ窮屈になっていき、独立を考えるようになる

<個人教室>

フランチャイズ教室開業して数年経った頃、ある教材に出会い気に入って、レッスンに余裕がある時に採り入れていました。生徒たちにも人気で、楽しめる上に力が付く。私が思い描く指導に近いと感じ、コースブックをやめたいと思うようになりました。

ただ私にとってフランチャイズから個人教室にするのはとても勇気が要ること。結局独立して教材変更しようかと考え始めてから、かなり年数かかりました。

理由はフランチャイズの後ろ盾が無くなる不安。それまでにかけた教材費。それを使ってレッスン準備するのための労力が無駄になっちゃう残念感。さらに

Hidemi

教材を変えることで保護者はどう思うだろう


心にいくつものブロックがありました。何年も悩み続け、フランチャイズ加盟して15年後にとうとう契約を切り、個人教室としてスタートする決心をしました。

個人教室とフランチャイズとの違いを考えると、個人教室は

  • 教材も料金もレッスン回数も自由に決められる。
  • カリキュラムが無いので年間通しての到達目標やレッスンプランを毎回立てて準備が必要。
  • 先生としての引き出しを増やすために、勉強会やワークショップ参加は必要。
  • いろいろな教材があるので、これ!と思えるを見つければやり易いかも。

メリットデメリットは必ずあります。でも私にとって個人教室として独立することのメリットのほうが大きくなっていきました。

フランチャイズの英語教室を始めて良かったこと

全く経験のないところから英語の先生を始めたので、フランチャイズ時代は何かと勉強になりました。研修もあったので教材の使い方、指導法、イベントなどたくさん吸収させてもらいました。

フランチャイズの先生同士との出会いはもちろん、フランチャイズを越えた先生とのつながりができた時期でもあります。

そういう意味では私にとってはフランチャイズに加盟して本格的教室を始めたことはメリットでした。その時にできた先生同士のご縁は今でも有難く、その時があったからこそ個人でも長年続けることができました。

個人教室の先生は孤独です。先生同士繋がるためにもフランチャイズに加盟する。または別のコミュニティに入るなど、何か相談したり話し合える場を持つことをお勧めします。

英語教室開業に迷ったら

なりたい未来を手にするための近道、ライフコーチングを受けてみませんか。

一人で考え悩んでいるだけでは時間がかかることも、ライフコーチがあなたと一緒に伴走しサポートすることで、思考が整理できて前に進むことができます。

あなたの心が軽くなり自信が持てるよう、英語講師として、コーチとして、母としていろいろな面からサポートいたします。

興味はあるけどもう少し詳しく聞いてから、
という方にはまず個別相談をお勧めします。

目次