昆布茶じゃないコンブチャの増やし方

コンブチャって知っていますか?
昆布茶じゃないですよ。発酵ドリンクのことです。

健康志向の人たちの間で静かにブームになってます。海外のセレブたちにも大人気だそうです。

目次

コンブチャがブーム

コンブチャの効果に
「健康」「アンチエイジング」「美肌」「代謝アップ」
なんて言葉を並べられると、とっても気になる私です。
そう、健康に良くて、ダイエット目的で飲む人もいるそうです。

ペットボトル飲料にもなっているし、コンブチャを作るスターターも販売されていることを最近知りました。

私の年代の方は「紅茶キノコ」なら聞いたことがあるかもしれません。1970年代に日本でも大ブームになったらしく
そういえば、私も子どもの頃耳にした覚えがあります。

紅茶と砂糖で増やしていくのと、形がキノコみたいだから紅茶キノコと呼ばれたみたいなんですね。

ここ数年、日本では発酵食品ブーム。ヨーグルトや、麹菌を使った塩麹、甘酒、味噌作りする人も増えています。ヨーグルト以外は成り行きで私も、、、(^^;)

それだけ健康やダイエットに目を向ける人が増えているのかも。良いことですね。

コンブチャがやってきた

そのコンブチャが2021年8月、我が家にもコンブチャ株菌がやってきました!娘が知人から分けてもらってきました。

私も実際にコンブチャを始めて飲んだのは、屋久島に行った時に訪れた料理屋さんでした。以前に娘が屋久島で仕事をしていたので旅行がてら娘に会いに行き、身体に優しい発酵と自然食をの店で食事をしました。

お店の手作りで、体に良いドリンクでお勧めですよ、ということで飲んでみました。ほんとに美味しかったのです♪

コンブチャの餌となる砂糖は精製しない砂糖よりも、不純物の入らない白砂糖で作る方がよいと、説明もしっかり聞きました。

ただ普段ジュース類を飲むことがないので、自分でコンブチャを育てるようとはその時全く思わなかったのです。普段はきび糖を使っていて白砂糖を置いていないし。

でもコンブチャが来ちゃったから、コンブチャ菌活始めることにしました。

このコンブチャ菌、スコービー(SCOBY)というそうですが何とも怪しげな形をしているのです。何も知らなければ、気持ち悪~って思います(笑)

友達からの反応

SNSでコンブチャ作っていることを投稿したら
「やってます」とか
「最近気になってます」という反応が多くて、みんなよく知っているだな~と感心しました。

「緑茶でも作れる。さっばり美味しくて好き」というアドバイスが来たり、日本語学習中のカナダの知人は「コンブチャ」という文字が読めた!とコメントしてきました。彼は特に健康にストイックなのです。

中には「大きくなったら株分けて~」と言ってくれる友達もいて、こんなに皆が注目しているなら、大切に育てなきゃ!と。

ちょうど紅茶が減ってきていたので、俄然張り切って新たに紅茶液を作り直し継ぎ足しました。

コンブチャの育て方

紅茶を入れて常温で置いておくだけで発酵ジュースになります。長く置くとお酢に変わっていきます。程よいところで冷蔵庫で冷やして飲むと美味しいです。このタイミングはお好みです。

量が少なくなればコンブチャ液を少し残して、新しい紅茶液を足します。コンブチャ菌自体はどんどん大きくなります。半年後、最初より随分大きくなったコンブチャ。すでにお友達に株分けもしました。喜んでくれるなら株分けするのが楽しみです。

【コンブチャ用の紅茶液
紅茶5g(テーバッグ1袋または2袋)
湯 500ml
砂糖(グラニュー糖) 50g
コンブチ液50ml ←なくても大丈夫、最初はコンブチャ菌のみでした
コンブチャ菌(スコービー) ←株分けしてもらってください

もともとジュース類飲まないので、ただドリンクとして飲むだけでなく、何かお勧めの使い方があればいいなと思っています。

よ~く発酵させて酸っぱくなったら、お酢として使えばいい、とネットでは書かれていますが、お酢は米酢やワインビネガーがあるので他の使い方を知りたいと思っています。

しかし、しかし、しかし、、、

ヨーグルト
塩麹
味噌
どんどん菌活食が増えていく、、、。

大きい容器でなくても数が増えると狭いキッチン置き場所に困っております。もうこれ以上、は困ります。ぬか床だけは手を出さないと心に決めています(笑)


お母さんに読んで欲しいことをメールレターで気まぐれ配信しています。

目次
閉じる