日本でまだ知られていないライフコーチングって何?英語の先生向けライフコーチングとは

ライフコーチって何?それ必要ですか。まだまだ日本では知名度が低いですね。でも徐々に広まりつつあります。

目次

ライフコーチングとカウンセリングの違い

ライフコーチって一体なに?そう思っていませんか。もしかしたら、まだ答えられる人はそれほど多くないのではないでしょうか。というのも日本ではライフコーチはあまり知られていません。

そもそもコーチング(coaching)とは?その言葉自体、よく耳にするようになったけどよくわらかない人もいるのではないでしょうか。

最近は英語コーチのように○○コーチと名乗る人が増えてきましたね。何でもコーチを付けるのはどうか、、、とも思いますが(^^;)

もともとコーチ(coach)の語源は、馬車=coachです。つまり、「人を行きたい場所に連れて行く」ということ。

例えばスポーツのコーチングは選手が目標達成のための必要なスキルや技術を身に付けるために、指導員と選手が双方向にコミュニケーションを取ることです。

ライフコーチングは、大切な人が幸せになるため、なりたい未来にを手にするためのサポートをすること。人生の全体のバランスを取るお手伝いをすることで、一緒に伴走する人がライフコーチです。

カウンセリングとは違うの?


カウンセリングと違うのは、マイナスの感情からゼロに戻すこと。コーチングはゼロから人生を考える、元気に前に進むサポートをします。

というわけで、よりよく人生を改善するためなので、前向きでない方のコーチングはできないし、素直でない方のお力にもなれません。

英語の先生がライフコーチングを受けたほうがいい訳

海外では起業家はもちろん、普通の人がライフコーチを付けることがあります。人生をよりよくしたい、と思う人はライフコーチングを受けるんですよね。受けることで今後の人生が変わるなら素晴らしくないですか。

カナダ人の知り合いは私がライフコーチの資格を取ったことを知り、「僕にもライフコーチが必要なんだ」と言っていました。

また、私がたまに受けているオンライン英会話のネイティブ講師たちにライフコーチングの話をすると、ライフコーチングを知らない講師はいません。

私が子ども英語の先生向けライフコーチをしていてることを話すと、どの講師も「それは素晴らしい。先生としての長い経験があるし、自分がもっと聞きたい」と言われます。

子どもを教えるのは忍耐もいるし、保護者や生徒との関係やたくさんの心の障害やバリアがあるからね、、


本当にそうなんですよね。英語教室はたくさんあります。集客の方法や指導力だけでは幸せな成功することはできないのです。生徒集客に不安になったり、集客できても自分や家族との時間がなくていつも自分を見失うことになります。

先生として続けるには、


マインドの部分がとても重要!


自分の強みを見つけて自信をつけること。
先生に必要なマインドセットや、集客法・指導法などハード面の両方のバランスをとること。
教室を続けて幸せに成功したい

と思うならライフコーチングはこれからますます必要だと思います。

子ども英語の先生がライフコーチングを受けるベストな時期

実際にやると決めた英語の先生は、決断が早いです。ライフコーチングを受けて順調に集客し、子どもを抱えながらも家族との協力体制ができ教室を大きくしています。すばらしいです。

ライフコーチングを受けるなら、まずは単発ではなく数か月継続して受けることをお勧めします。一度では変われないから。

既に教室を持っている先生なら、夏を越えたらハロウィンやクリスマスの準備に忙しくなります。年末には来年度に向けての集客を考える時期がやってきます。ということは夏にライフコーチングを受けるのがお勧め。

4月に新しく教室開校を考えている先生なら、教室準備も含めて秋からがお勧め。潜在意識が変わるのに4か月かかると言われていますし。

マインドが整い自分の足で立つことがだきたらもう大丈夫。とはいえ、すぐにネガティブなマインドになったり、不安や迷いが襲ってくることがあります。

あとは間隔を開けて、必要だと思った時に早めにライフコーチングを受けバランスを整えることが必要です。

コーチングご感想はここからご覧いただけます

目次