【英語教材】学校で使わない算数セット。教室で使っちゃおう

小学生になると、どの子も手にする算数セット。

お兄ちゃんお姉ちゃんがすでに持っていても、必ず1人に1セットずつ算数セット手にしますよね。おはじき、数え棒ひとつひひとつに名前書き大変でした。でもこの算数セット、どれだけ使っていますか?

目次

学校で使わないなら英語教室で使おう

必ず買わされる算数セットなのに、学校で充分活用しているようには思えないんですけど。だとしたらもったいないですね。私の子どもの時からあります。が、私もあまり使った記憶ありません。

細かい棒やコインに一つ一つに名前書かなくてはいけなくて、その労力の割に活用しないのはどういうこと?必要?と思ってしまいます。

そしてこの算数セット、毎年色柄が変わるんですよね。入っているものは同じなのに。だから兄弟で使い回ししにくいです。ますますもったいない。そこで私はこの算数セット。英語の教材に使い倒してます。

娘が使わなくなってから2人分の算数セットをレッスン小物として活用しています。3年しか歳が変わらないので、同じ種類にしてくれたら色形も同じでもっと使いやすいのに。

なので数セットあればいいのに、と思う英語の先生。小学校卒業して要らないよ、、というお友達がいたら、捨てられちゃう前にもらっておくのもいいかもしれません。

算数セットは英語教材の宝庫

おはじきや数え棒は、ご褒美やゲームのポイントチップになったりビンゴのコマに。マグネットついているものがあるので、ホワイトボードにゲームのポイントを表示するのに便利。

時計はもちろん時間の言い方。計算カードも英語で足し算を言う練習。お金はショッピングレッスンに。なんでも自由な発想で使えますよね!!

箱も丈夫なので教材入れにしています。

英語教室でなくても、お家での遊びにも取り入れられます。真っ新に近い状態で捨ててしまう前に、もう一度使ってみてはいかがですか。

目次
閉じる