英語教室はどちらがいい?自宅教室か貸し部屋か

英語教室開業を考えた時、場所はどこにするか考えましたか?すぐに決められたでしょうか。

自宅でできる仕事として英語教室を開業するのか。英語教室を開きたいから可能な場所探しをするのか。あなたはどちらでしょう。どちらの方がメリットがあるのでしょうか。

目次

英語教室運営にどこまで覚悟がありますか

住宅事情にもよりますが、私の過去の反省を踏まえて言わせてもらうなら、ご自分が教室経営にどこまで覚悟があるかです。

✔子どもがまだ小さいから在宅でできる仕事でいい
✔自分の子どもに英語を教えたいから他の子も一緒に教えたい
✔夫の扶養内で働きたい

こう考えるなら自宅で教室を開くのもいい。

でもいつか、ちゃんと自分の収入を得てビジネスにしようという気持ちがあるなら、賃料を払ってでも貸し部屋を借りることをお勧めします。

もしくはご自宅の敷地内に別棟を建てる。自宅内に教室専用の部屋を持つ。

使っていない部屋が余っている場合はそこを活用するのがてっとり早いですよね。ただし、生活グッズを持ち込まない、仕事の時間と家事の時間を分ける。

要するに、生活と分けてしまうこと。そして線引きは最初からしておく。くらいの覚悟はあった方がいいです。自分にとっても家族にとっても大切なことです!

実は、これは私自身が後悔したことなので、場所を決める時に考えて欲しいことなのです。

自宅教室は楽だと思いますか

自宅で子ども向け英語教室を開いている先生によくある悩みがこれ。

境界線引けない!

小さい子どもがいても始めやすい、好きな英語の仕事に関われる、という理由で自宅教室を開いている先生は多いと思います。私もその一人です。

教室を自宅で開業してみて分かる事ですが、自宅だから楽なんてことはありません。家事子育て、職場が同じ場所が辛いことはないのですが、要するに

いかにメリハリを付けるか家事子育てと仕事の境界線を上手く引けるか。それが結構難しい。

まとわりついてくる子どもに、

今日は何曜日だと思っているの、レッスンコマ多い日だから忙しいに決まってるでしょ!

とつい当たってしまうことも。子どもにしたら、

そんなん知らんがな( ;∀;)

なので、
・割り切って子どもを保育所に預ける。
・学童保育を利用する。
・親御さんにサポートしてもらう。

そうやって教室を切り盛りしている先生も多いかもしれません。

周りからは家で仕事しているから楽でしょ、と思われることもあります。でも、いろいろあちこちに気を使いながら頑張っているはず。

私は会社という組織の中で働くのが無理。だから自分の采配で働ける自宅英語教室は理想の働き方だと思っていました。

自宅リビングルームで始めてしまった英語教室

私の家は余っている部屋がなく、家族が留守中のリビングルームで教室を始めました。というのも私は夫の扶養内で働くことしか考えていなかったからです。

女性は妻、母親として家事子育ては優先。それができてから仕事をするならしてもいい、という古風な考えの両親の元で育ち、その考えが染みついてしまった昭和女性の私。我が子が小さい間は仕事するなら在宅しか頭にありませんでした。

もともと料理が好きだったこともあり、お鍋をかけながらや、夕飯の下ごしらえの合間にレッスン準備ができる。子どもが学校から帰ってきたときに母親は家にいる。そんな自宅リビングルームでできる英語教室の仕事は有難いことでした。

ただ教室を始めたころは頑張り過ぎていました。

✔子育て中ママ
✔教室レッスン準備にヒーヒー言ってる新米英語講師
✔家事の手抜きが苦手な昭和主婦

何でも一人で頑張ってしまう長女気質のだったから睡眠時間も少なく、心のストレスはマックス。しかも、、、、!

  • 教材が増えていく!部屋のかなり空間を占領
  • リビング兼ダイニングルームは物がいつも溢れている状態
  • レッスン後は家族の生活圏に早変わり。バタバタと片付けて食事の準備

娘が大きくなるにつれて家族の生活スタイルも変わるし、リビングを占領して家族に申し訳ない気持ちもずっとありました。だから気持ちにも時間にも余裕がない状態でも仕事も家事も一生懸命でした。

私は手を抜いてはいけない、そう思っていました。好きなことに関われているから幸せで有難いと思っていたけど、正直なところ、無理にそう思おうとしていた部分もあったかもしれません。

要するに自分で境界線を引けなかったのです。

英語教室を大きく繁栄させるためにすべきこと

もし生徒数を増やして教室を大きくするつもりなら、家族の協力もお願いして、レッスンの準備であっても仕事は仕事。家事とは分けてしまいましょう。自宅の専用部屋が教室なら、そこに出勤するくらいのつもりで。

一番いいのは、家のことが気にならなくなるよう、教室用の貸し部屋を借りること。費用は掛かりますが、それを補うだけ頑張ろう!!という覚悟にもなりますし、ここに英語教室がある!という宣伝にもなりやすい。

新規の方にとっても誰かの家よりも、貸し教室の方が足を踏み入れやすいような気がします。

ということで、生活するリビングルームでの教室はお勧めしません。自宅でする場合は専用部屋の確保をお勧めします。

英語教室の場所に悩んだり、心の境界線を引けなくて困ったら

なりたい未来を手にするための近道、ライフコーチングを受けてみませんか。

一人で考え悩んでいるだけでは時間がかかることも、ライフコーチがあなたと一緒に伴走しサポートすることで、思考が整理できて前に進むことができます。

あなたの心が軽くなり自信が持てるよう、英語講師として、コーチとして、母としていろいろな面からサポートいたします。

興味はあるけどもう少し詳しく聞いてから、
という方にはまず個別相談をお勧めします。

目次