塾の英語講師ですが英会話が苦手です

英語の先生だからといって英語に関して万能ではありません。
医者に専門があるように、英語の先生の中には会話が得意、文法が得意、児童英語講師、高校英語講師など専門得意分野があるはずです。

☆------☆------☆------☆

グローバルライフコーチ® 廣澤秀美です。
英語の先生の心を軽くして先生自身の強みを引き出すサポートをしています。

目次

英会話と学校英語は別物

大学受験生に英語を教えているけど英会話は苦手。どうしたらいいですか。

こんなご相談を受け私のレッスンを受けにこられたことがあります。

塾にお勤めの英語の先生。中学高校の文法の説明ができて英作もできる。だけど会話になると英語が全く口から出てこないとお悩みでした。

その気持ち分かります!まさに以前の私。

その方は受験生向けの個別塾にお勤めなので、生徒さんには自分で語彙を覚えさせる。問題集を与えて先生は分からない箇所を解説するだけ。特に英会話は必要がありませんでした。

ところが勤務校に子ども英語クラスが開講しネイティブ講師がやってきました。

そのネイティブ講師とちょっと会話もしたい、けどできない。ジレンマがありました。声かけられても、考えれば考えるほどなんて答えたらいいのか分からない。

そうなると英会話に対する苦手意識がますます強くなり、自信はなくなり、自己肯定感爆下がするのも当然。

特に私の年代は英語の授業といえば訳読方式。リスニングやスピーキングの練習がほとんどありませんでした。大学の英文科、外国語学科の授業でさえ訳読が多かったのです。コミュニケーションと名が付く授業も結局は訳読だったりしました。

大学入学のために英文法は随分勉強しました。だから語彙、文法力という基本の英語力はあります。でも知識ばかり詰め込んで大学に行っても『会話』という練習を十分してこなかったのです。

大手の英会話教室に行くのも恥ずかしい。英語の先生なのにそのレベル?と周りに思われるのが怖い。

だからグループレッスンの教室には飛び込めず個人教室の私のもとへ、英会話力をつけたいからと来てくだったのです。まずは声を出すことに慣れなれましょう、とフォニックスや教科書音読の練習をすることになりました。

できないところに目を向けすぎない。あなたの売りはなんですか

そもそも英会話ができないからといって自己肯定感を下げる必要あるでしょうか?

一番面白くない文法説明できて、大学受験生を教えられるほどの英語力ある。すごくないですか。 もちろんそこはお伝えしました。

逆に海外生活経験があってペラペラ話すけど、軽い会話だけしかできない、大人の会話ができないとお悩みの方もいるんです。

そう考えたら、この英語基礎力は強し!地道な基礎力練習は終わっているのですから。会話、スピーキングのトレーニングをすればいいのです。知識はあるけど使っていないので、眠っているだけ。その英語力を目覚めさせる!ただそれだけです。

ご自分の足りない英語力に気づいて、伸ばしたいと思った!まずそこ拍手です。必要なのは『自分は凄いよ!』と自己承認。そして「英語でそのネイティブ講師と会話している自分」をイメージすること。脳は騙されやすいからイメージ大切なんです!

ライフコーチはコーチングの中で、お話をじっくり聞きながら、相手の「気づき」や「なりたい自分」をイメージするお手伝いもします。

私は大人の生徒さんを教えるようになったことがきっかけで英語コーチングを学ぼうと思いました。なぜなら真剣に英語を学びたい大人の方により効果的に英語を身に付けてもらうには、英語コーチングスキルを私が持っていた方がいいと思ったからです。

でも同時に学んだライフコーチングが特に好きです。クライアントさんが笑顔になり、明るくなっていく姿が大好きです。

目次
閉じる